低用量ピルは通販で手に入れることができるのをご存知ですか?

低用量ピルは医師の処方がなければ手に入れることができない薬じゃないの?と思いますよね。わたしもつい最近までそう思っていたのですが、実は個人輸入とよばれる通販を利用することでスマホやパソコンを通じて低用量ピルを手に入れることができるのです。

 

ここがいい!通販で買える低用量ピルのオススメ理由

オススメの理由を見る女性オススメの理由を見る女性[/caption]今まで低用量ピルを病院で処方してもらっていた方は、まず病院で受付をして、診察まで待合室で待つ、そして問診を受けて処方箋を出してもらう、最後にお会計と薬をもらって終了。といった流れになるかと思います。初回の場合にはさらにいくつか検査を受けたりしますので時間もお金もかかります。

ただ、通販であればどうでしょう?

もちろん、医師の診察を受けることもなければ待ち時間も不要。交通費も診察料も発生しませんし低用量ピルだけを手に入れることができるのです。初回の検査も当然必要ありません。

もちろん、心配な方であれば病院で検査や説明を受けるのが良いかと思いますが、自分で情報収集したし、低用量ピルさえ手に入れたい!ということであれば通販で十分です。

 

例えば……

 

・低用量ピルを処方してくれる病院が遠くてなかなか通えそうにない…・毎回なくなるときに病院に行くのは面倒

・仕事が忙しくて病院に行く暇なんてない!

・少しでもお金を節約したい…

・いろんな種類の低用量ピルを試して自分に合うものを見つけたい!

・病院は嫌いだからなるべく行かずに最低限に済ませたい

 

などなど、こんな方は低用量ピルの通販がぴったりでしょう。

 

病院と通販の金額の違い

料金のイメージ低用量ピルは毎日服用することで効果を発揮するお薬ですから、できるだけ費用を安く抑えるためにも安価なものを選びたいと思います。

病院と通販、どちらが安いのか?その答えは「通販」です。

では、具体的にどのくらい金額に差があるのでしょうか。

 

病院で低用量ピルを処方してもらう場合

低用量ピルは医師であれば処方可能なので、基本的にはどこの診療科でも処方してもらえます。ただし、診療科によって知識量が違いますので、一般的には産婦人科や婦人科などで処方してもらうことが多いです。しかし、婦人科によっては低用量ピルの処方を行なっていないこともあるので、事前にホームページや電話で処方してくれるか確認しておくようにしましょう。

 

費用に関してですが、日本国内では「低用量ピル=避妊薬」と考えられているので、健康保険の適用外となっているケースが大半です。

保険適用外ということは診察料や薬代などは保険が適用されず、全額自己負担となります。ただし、月経困難症や体調不良などの場合には保険診療で処方してもらえます。

 

発生する費用は、診察料(カウンセリング料)+薬の指導料+薬代となります。

初診の場合には検査が必要となりますので検査料も発生します。

保険適用外の診療は、自由に金額を設定して良いので、各病院によって金額が異なります。

一概に〇〇円と言い切れませんが、相場としては7000~8000円ほどでしょう。

1万円持っていれば問題ないかと思いますが、お会計がどのくらいになるのか?心配なようであれば事前に電話で金額を確認すると教えてくれるはずです。

 

通販で低用量ピルを処方してもらう場合

通販を使っている様子通販の場合、先程もお話したように病院で発生する諸費用が必要ありません。必要なのは薬代だけとなりますので、費用はかなり抑えられます。

通販では日本国内で処方されている低用量ピルから日本未承認の低用量ピル、超低用量ピルも数多く取り扱っています。

購入するピルの種類によって金額が異なりますが、ジェネリック医薬品が多数存在し、相場としては1200~2700円程度(1ヶ月分)ほどとなるでしょう。

通販のため送料が発生しますが、多くの通販サイトでは一定金額以上商品を購入すると送料が無料になりますので、実質薬代だけで購入できます。

 

通販で購入する低用量ピルが安い理由

病院で処方してもらう低用量ピルと通販で購入する低用量ピル、値段は圧倒的に通販の方が安いです。通常、病院で低用量ピルを1ヶ月分処方してもらうとなれば、薬代だけで3000円ほどかかります。しかし、通販であれば1ヶ月分1500円前後で購入できます。

通販の方が安いのは一目瞭然ですが、安い理由は一体何でしょうか?

 

通販の方が安い理由、それは「ジェネリック医薬品」だからです。

近年ではジェネリック医薬品がかなり浸透してきていると思いますが、ここで簡単に説明します。

 

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、新しく開発された薬の特許が切れたものをコストをかけずに製造している医薬品です。

通常、一つの薬を開発するまで莫大な時間とお金がかかっています。薬が誕生した際、一定期間は開発した製薬会社が独占販売できる権利(特許)が与えられますが、特許が切れると他の製薬会社も製造・販売出来るようになります。

その場合、有効成分や製造方法も公開されるため、他の製薬会社は開発にかかる費用も時間も掛からずに同様の医薬品(ジェネリック医薬品)を作り出せます。そのため、ジェネリック医薬品は安価に提供できるのです。もちろん、ジェネリック医薬品も新薬と同様に販売されるまで厳しいチェックが行われていますので、安全性には問題ありません。

 

通販サイトで低用量ピルを探していると、日本国内で処方されている見慣れた商品も販売されていますが、見慣れない商品も数多く存在していることがわかります。

見たことも聞いたこともない商品は不安と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、よく見ると国内で処方されている低用量ピルと同じ成分が使用されていたり、同じ成分でも容量が違うだけといった商品が多くあります。また、日本では未承認であっても、世界的に認知度が高い商品もありますので、安心して使用できる商品が大半と言えるでしょう。

 

もっと知ってほしい低用量ピル活用術

低用量ピルといえば避妊薬のイメージが強いため、避妊したい方だけが服用する薬と思っている方が多くいらっしゃるように思います。しかし、実際には避妊を目的としている方だけでなく、美容や健康目的で服用されている方も居ます。

低用量ピルは女性の様々な悩みを解消してくれるお薬なので、ぜひ低用量ピルの効果を知って、あなたも快適なピルLIFEを始めていきませんか?

 

高い避妊効果

妊娠を防ぐ方法はいくつかありますが、その中でも低用量ピルは非常に高い避妊効果があります。

最も一般的な避妊方法であるコンドームでは正しく利用している場合の避妊失敗率は約2%、正しく使用していない場合では18%となります。

一方、低用量ピルの場合には正しく服用している場合の避妊失敗率は約0.3%、飲み忘れた場合でも9%となっています。

低用量ピルを正しく服用した場合の避妊失敗率は避妊手術を受けたときとほぼ変わらない数値となっています。(避妊手術の避妊失敗率:0.5%)

100%確実に避妊が出来るというわけではないものの、ほぼ避妊に失敗することがないと言えるでしょう。もちろん、服用を中止すれば妊娠可能です。(性感染症は防げません)

 

生理痛の軽減

生理痛に悩む女性生理痛は子宮内膜の厚みが関係していると言われています。そして、痛みは子宮内膜が剥がれる際に生じますので、子宮内膜が厚みを増しているほど痛みが強くなります。しかし、低用量ピルを服用することで子宮内膜が厚くならず、痛みの軽減に繋がります。さらに、生理時の出血量も少なくなります。

また、強い痛みの場合には月経困難症の可能性があり、その場合には一度病院に相談するほうが良いでしょう。(月経困難症の場合は保険診療となります)

 

生理不順の改善

低用量ピルを服用することで体内のホルモンバランスが整い、28日周期で生理が来るようになります。また、ホルモンバランスを整えておくことで服用を中止した時でも周期が乱れにくくなり、妊娠しやすい体を作れます。

 

生理日をコントロール

服用方法によっては生理日を予定より早めたり遅らせることができます。

事前の予定がわかっていれば、早くから服用タイミングを調節することで大切な日をノンストレスで過ごせます。

通常、低用量ピルは生理日初日に服用を開始しますが、生理日を早めたい場合には生理開始1~5日目までに服用し、生理がきてほしい2~3日前に服用を中断します。

逆に生理日を遅らせたい場合には生理開始5~7日前から服用し、生理を遅らせたいときまで服用します。

ただし、生理日をコントロールする場合には1ヶ月前から低用量ピルの服用を開始している必要があります。

 

肌荒れ改善

年齢とともに口周りのニキビが発生しやすくなる傾向があります。これは、体内の男性ホルモンが活発になり、ホルモンバランスが乱れることで生じます。

低用量ピルを服用することで、肌荒れの原因となる男性ホルモンの働きを抑制し、口周りのニキビを改善、皮脂分泌を軽減してテカリなどを予防します。

 

体毛をより薄く

こちらも肌荒れの改善と同じように、男性ホルモンの働きを抑制することで得られる効果です。体内の女性ホルモンが優位になることで全身の体毛が薄くなる傾向があります。

 

プレ更年期症状の軽減

更年期障害とは女性ホルモンの分泌量が減少する閉経前後10年に起こるもので、身体症状では疲労感、不眠、多汗、手足の冷え、頭痛、顔のほてり、精神症状ではイライラ、憂鬱などの不調が起こりやすくなります。しかし、現在では30代後半以降の女性も更年期障害と似た症状が現れるケースが増えていると言われています。これらはプレ更年期と呼ばれますが、低用量ピルで女性ホルモンを補うことで改善されます。

 

女性特有の病気を予防

低用量ピルを継続的に服用することで女性特有の病気を予防できることもわかっています。

低用量ピルの作用によって排卵を抑制し、卵巣のダメージを抑えることができます。また、女性ホルモンのバランスを安定させることで好影響を与えます。

そのため、卵巣がん、子宮体がん、大腸がん、乳がんなどのがんから、子宮内膜症、排卵痛、骨粗しょう症などのリスクを減らすことに繋がります。

 

低用量ピルを通販する前に知っておきたい副作用のリスク

どのような医薬品にも副作用のリスクはつきものです。低用量ピルは中容量ピルや高用量ピルに比べて体へ与える影響が少ないですが、それでも女性ホルモンに作用するため副作用が生じる可能性はあります。

 

吐き気・頭痛・倦怠感

吐き気を我慢する女性これらの症状は、低用量ピルの服用時に特に現れやすいと言われています。

これは、体内のホルモンバランスが一時的に変化することで生じるものなので、服用を続けるうちに軽減されていきます。

ただし、これらの症状がひどい場合には風邪薬、頭痛薬、酔い止め薬などを併用することもできますので使用すると良いでしょう。

 

眠気

まれに眠気が出てくることもあります。こちらも服用を継続するうちに軽減されていきますが、日中眠気が出て生活に支障がある場合には、朝ではなく夜に服用するようにしましょう。

 

うつ

うつ症状が起こる原因は解明されていませんが、低用量ピルを服用することでうつのような症状が現れる方も居ます。

 

むくみ・体重増加

よく「ピルを服用するようになって太ってしまった」などという話を耳にしますが、実際に低用量ピルを服用して体重が増加することはありません。しかし、マイナートラブルに似た症状が現れることから、食欲が増進されて食べ過ぎによる体重増加、もしくはむくみによって体重増加する可能性はあります。

低用量ピルを服用して体重が増加傾向にある場合には、一度食生活を見直す、他のピルに変えてみるなど工夫をしてみましょう。

 

不正出血

低用量ピル以外に服用している薬がある、服用を忘れてしまったなどといった場合には体内のホルモンが一時的に乱れるため不正出血を起こす恐れがあります。ただ、毎日同じ時刻に服用していても不正出血を起こすこともあります。検査で以上がなかった場合にはそのまま継続しても問題ありませんが、気になる場合は一度病院へ相談に行くと良いでしょう。

 

血栓症

低用量ピルを服用することで、稀に血栓症を引き起こす恐れがあります。

血栓症とは血管内にできる血の塊のことで、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。非常に恐ろしい症状ですが血栓症のリスクは低く、健康体の女性であれば過度に心配する必要はありません。ただし、喫煙者、肥満、35歳以上の女性は服用時にリスクがあるため、事前に医師に相談する必要があります。

 

低用量ピルの通販って違法?

低用量ピルはパソコンやスマートフォンなどから通販で購入することが可能です。ただ、一般的な通販サイトでは販売されておりません。ここで言う通販とは「個人輸入」のことなのです。

 

現在では個人輸入がメジャーになってきているのですでにご存知の方もいるかも知れませんが、改めて個人輸入とはどういったものなのか簡単に説明します。

個人輸入とは言葉の通り、「個人で海外から商品を輸入すること」です。

ただ、本当に個人で商品を輸入するとなれば現地の言語で直接やり取りをしなければなりませんし、輸入に係る面倒な手続きも自ら行う必要があります。また、トラブルが生じた場合にも自分で対応しなければなりません。そのため、個人輸入そのものとしては簡単ではないのです。

 

ですが、個人輸入代行サービスを利用すればどなたでも簡単に低用量ピルを手に入れることができます。

というのも、個人輸入代行は現地で低用量ピルを販売している業者と購入したい本人の仲介をしてくれるサービスなのです。よって、注文はすべて日本語でOKですし、トラブルが生じた場合には代行業者が代わりに返品や交換などを行なってくれます。

 

個人輸入代行サービスは非常に便利なサービスであることは十分おわかりいただけたかと思いますが、次に気になってくるのは「違法性はないのか?」ということです。

個人で海外の商品を通販で購入する…一見違法性がありそうにも見えますが、実際には認められていますので安心してご利用いただけます。

ただし、個人輸入は「個人で使用する目的」であることが前提となっていますので、

・他人への譲渡(家族もNG)・転売目的

・代理での購入

は禁止されています。

また、低用量ピルの場合には服用対象は女性となっていますので、男性名義でも購入することはできません。

 

この他にも一度に購入できる量には上限が設けられていること、日本で禁止されている成分は購入できないなどのポイントがありますので、気になる方は厚生労働省のホームページで確認しておくと安心です。

ただ、低用量ピルを個人輸入する程度であれば、成分も問題ありませんし数カ月分のまとめ買いが可能なので、特に何かに気をつけて注文しなければないことはないでしょう。

 

 

通販で購入できる低用量ピルのタイプ

一口に低用量ピルといっても様々な種類があります。メーカーも違えばホルモンの配合量や錠数も違います。

 

ホルモン量の違い

配合されているホルモンの量が違えば、当然得られる効果も変わってきます。

 

1相性ピル…

配合されている卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量がすべて同じの低用量ピルです。そのため、服用する順番を気にする必要はなく、常に一定の効果が得られるため、生理日のコントロールに適しています。また、月経前症候群も軽減しやすいと言われています。

 

3相性ピル…

配合されている卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が3段階によって変化する低用量ピルです。

ホルモン量が変化していることで自然なホルモンバランスに近く、不正出血などの副作用が起こりにくいとされています。

 

どちらのタイプが適しているかは、個人のホルモンバランスによって異なります。そのため、複数の低用量ピルを試して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

錠数の違い

多くの低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。どちらも得られる効果は同じなので好みに応じて選びます。

 

21錠タイプ…21日間、毎日決まった時間に1錠ずつ服用します。21錠すべて服用を終えたら7日間休薬します。7日間の休薬を終えたら再び新しいシートから服用を開始してください。

 

28錠タイプ…28錠タイプはホルモンが配合されているのが21錠、残り7錠は偽薬(プラセボ錠)となります。プラセボ錠とは体に害のない成分のみ配合されている錠剤で、飲み忘れ防止の目的で作られています。

服用方法は21日間、毎日決まった時間にホルモンが配合されているものを1錠ずつ服用します。21日間の服用を終えたら次は偽薬を7日間、1錠ずつ服用します。すべての錠剤を飲み終えたら新しいシートから服用を開始してください。

偽薬はホルモンが配合されていないため、服用しなくても問題ありませんが、飲み忘れ防止のためにも服用することをおすすめします。

 

通販で購入できるオススメの低用量ピル4選

通販サイトで低用量ピルを購入しようと思っても、いざサイトを見てみると沢山の種類があって何がいいのかわからない…。そんな方のためにオススメの低用量ピルを4つご紹介します。

 

マーベロン

マーベロンのパッケージマーベロンは日本でも認可されている低用量ピルの1つです。1相性の低用量ピルのため、服用する順番を気にする必要がなく、飲み間違えることはありません。

月経困難症の改善や大人ニキビ改善に効果があり、生理日をずらしやすい特徴があります。また、日本国内で処方されていることから安心して服用できます。

 

トリキュラー

トリキュラーのパッケージトリキュラーも日本で認可されている低用量ピルの1つです。3相性の低用量ピルのため、体に負担がかかりにくく、より自然に体内のホルモンバランスを変化させていきます。

トリキュラーの特徴としては、副作用が起こりにくい、生理周期が安定しやすいといった事が挙げられます。多くの婦人科で処方されているため、初めて低用量ピルを服用される方でも安心して試せるでしょう。

 

ダイアン35

ダイアンのパッケージ1相性の低用量ピルで日本では未承認ですが、通販では人気があります。というのも、ダイアン35は比較的体の小さいアジア人向けに作られており、低用量ピルの中では配合されている女性ホルモン量が少なくなっています。ホルモン量が少なくても、通常の低用量ピルと同様の避妊効果やPMS改善効果が得られ、副作用が心配な方でも安心してご使用いただけます。

 

ヤーズ

ヤーズのパッケージヤーズは低用量ピルの中でも女性ホルモンの配合量が最小限に抑えられている超低用量ピルになります。超低用量ピルは通常の低用量ピルとホルモンの配合量が異なるため、若干服用方法も変化しますが、得られる効果は同じです。また、体に影響を与えることはほとんどないので、副作用もほぼありません。

 

低用量ピルを通販できるサイトを見つけよう

現在、低用量ピルを注文できる通販サイトは数多く存在しているため、わざわざ低用量ピルを注文するサイトを探す必要はないかもしれません。

ただし、低用量ピルを取り扱っているサイトであればどこを利用しても同じ、というわけではありません。中には偽物を取り扱っていたり、注文したのに商品が届かないトラブルがよく生じるサイトもあります。気持ちよく低用量ピルを手に入れるためにもしっかりと安全に利用できるサイトかどうか確認しておく必要があります。

 

では、通販を利用する場合、どのようなポイントに気をつければよいでしょうか?

 

会社情報の詳細が記載されている

低用量ピルの通販は、仲介業者を通じて海外の業者から商品を購入します。そういったサービスを利用するにあたって、どういった会社が運営しているのか?代表者名・会社の所在地・連絡先なドを確認しておきましょう。こうした情報が公開されていないサイトは、基本的に怪しいと判断してよいため、利用を避けましょう。

 

サポート体制が充実している

通販サイトは基本的に自己責任です。しかし、利用する上で万が一トラブルがあった場合、通販サイトへ問い合わせができれば安心です。お問い合わせ専用のメールアドレスや電話番号が記載されていれば信頼度は高いと言えるでしょう。

また、実際に問い合わせてみたときに、返答の早さや対応などからも優良の通販サイトかどうか確認できます。

 

値段が安すぎない

通販を利用するにあたって、値段は安いに越したことはありません。しかし、相場よりも明らかに安い場合には偽物の可能性があるので注意しましょう。というのも、一般的な相場よりもかけ離れて安い場合、どうしてそこまで安く出来るのか考えてみましょう。本当に偽物かどうかは分かりませんが、後悔しないためにも安すぎる通販サイトは避けるほうが良いでしょう。

 

口コミ件数が多い

口コミは、実際に商品を購入された方の書き込みになります。すべてが購入者の口コミかどうかは不明ですが、件数が多いということはそれだけ利用者が多いということです。

口コミを見ればどういった低用量ピルなのかある程度判断できますし、利用する上で安心に繋がります。

 

通販で低用量ピルを購入した方の口コミ

これから通販での購入を検討されている方のために、実際に通販を利用して低用量ピルを購入された方の口コミをご紹介します。

 

Uさん

通販ユーザーのイメージ個人輸入は今回はじめて利用しました。結構不安もあったんですけど、いつも使ってる楽◯の通販みたいに買えたのでびっくり!

 

Fさん

通販ユーザーのイメージ海外の商品を注文するのは怖いと思ってましたが、私が定期的に使ってた化粧品の通販サイトも個人輸入でしたww本当に気づかなかったし、いつもトラブルなく届けてくれるので低用量ピルも頼んでみようと思いました!私が利用したサイトはすごく低用量ピルの種類が多かったし、見やすかったので全然心配なかったです◎

まぁ、化粧品のサイトと一緒で届くのは遅かったですけど、商品は問題なかったです!

 

Sさん

通販ユーザーのイメージはじめては何でも大丈夫かな?って思いますけど、なんでも慣れます。今は毎回半年分注文して、あと1シートになったらベッドに入りながらでも通勤中でもスマホでポチってます。最初は病院に通ってましたが、手間も時間もかからなくなってノンストレスです!!通販のこと知ってよかったです。

 

Tさん

通販ユーザーのイメージ病院から通販に買えたのは1年前になります。もともと個人輸入のサイトは利用してましたし低用量ピルを買うときも抵抗はありませんでした。

通販で買えるようになったのは本当に便利です。値段も今までの半分くらいに抑えられてるし、一瞬で注文できるのが何よりありがたいですね。

 

通販で購入した低用量ピルを使ってみた方の口コミ

初めて通販で低用量ピルを購入・使用された方や長らく愛用されている方の口コミをご紹介します。

 

Sさん

ピルユーザーのイメージ通販の低用量ピルを愛用するようになって3年?くらいになります。それまでは婦人科で処方してもらってたんですけど、ネットで安く買えると知って利用するようになりました。わたしはトリキュラーをずっと飲んでるんですけど、婦人科でもらってたものと全く一緒です!通販で買った商品に切り替えてからも副作用が出ることはなかったですし、いつも通りです。

 

Yさん

ピルユーザーのイメージ最初飲んだときは吐き気がしてこれはダメかもしれないと思ったんですけど、調べてみると通販で買ったピルだから…ということではなく、普通にピルによく見られる症状みたいでした(^_^;)

ちなみに1シート目が終わる頃には吐き気が消えてました☆

 

Kさん

ピルユーザーのイメージ日本にはないピルを買ったのでどうなのかなと思いましたが、今まで病院でもらったピルより体調がいいし、安かったので変えてみて正解でした。通販だったら選択肢がめちゃくちゃ豊富なのでどれにするか悩みましたが、これだけあればどれか一つは自分に合うのが見つかるはずなので、これからピルを頼もうかと思ってる方はぜひ色々試してみてください。

 

Hさん

ピルユーザーのイメージ絶対に通販で買うピルの方が良いです!あくまで自分の場合ですが、病院でもらってたものより副作用も全然ないし飲みやすい気がしたんです。

 

低用量ピルを通販で購入

マーベロンのパッケージ現在は、多くの人に利用されている低用量ピル。

避妊やそれ以外の様々なことに対して高い効果を発揮するだけでなく、副作用も小さいので安心して使う事ができるのがメリットとなっています。

現在では、低用量ピルの種類も非常に豊富で中には超低用量と呼ばれる更に成分量が少ないものもあります。

通販では、そうした様々な種類の低用量ピルの中から自分にあったものを選んで手に入れることができるだけでなく、ジェネリック医薬品も豊富に取り扱っているので、上手に活用しましょう。

コンドームでの避妊以上に高い避妊率を誇り、女性主体でできる避妊として低用量ピルを使ってみてはいかがでしょうか。

 

低用量ピルの通販はこちら